小学校プログラミング教育の概要について

2020年度から小学校でプログラミング教育必修化ということで、小学校プログラミング教育がなんのために行う必要があるのか、何を目標に行うかなどは文科省が発信している新学習指導要領に記させています。

以下、指導要領からポイントとなるようなことを抜粋したいと思います。

小学校プログラミング教育の概要

学習指導要領改定の背景は、社会的変化によるとされています。具体的には、情報技術の革新、AIによって社会生活が大きく変わることが大きく影響しています。こういった予測できない変化を前向きに受け止めて、小学校のときからプログラミング教育を行っていく方針が出されたわけです。

なぜ小学校プログラミング教育を導入するのか?

大きく3つの理由があります。

1)コンピュータの仕組みを知る

現在様々な物にコンピュータが使われているが良く中身がわからない
魔法の箱に思っている人もいます。=ブラックボックスであることが実情です。
コンピュータはプログラミングで動いている、コンピュータの仕組みを知ることを子供たちに理解してもらうのが目的です。

2)プログラミング教育は子供たちの可能性を広げることも繋がる。

起業する若者、特許を取得する子供も出てくるでしょう。

3)コンピュータを代表とするICT機器の活用

コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に着けることは、あらゆる活動においてコンピュータ等を活用することが求められます。これからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業につくとしても極めて重要でしょう。

以上3つが小学校プログラミ教育の導入の背景です。

プログラミング教育と情報活用能力の育成について

新学習指導要領では、情報活用能力は、言語能力と同様に学習の基盤となると明記されています。情報活用能力自体、とても重要な能力になります。
3つの観点
A 情報活用の実践力→ICT機器の基本的な操作
B 情報の科学的な理解→プログラミング
C 情報社会に参画する態度→情報モラル

ということで、プログラミング教育は、単なるプログラミングを学ぶという狭い話ではなくて、プログラミング教育を通じて情報活用能力を育むことがもくひょうになっています。

具体的な小学校プログラミング教育のねらい

以下の3つがねらいとされています。

1.プログラミング的思考を育む
2.プログラムの働きやよさ、情報社会がコンピュータをはじめとする
情報技術によって支えられていることなどに気付く
身近な問題の解決に主体的に取り組む態度や、コンピュータ等を上手に活用してよりよい社会を築いていこうといする態度などを育みます。
3.各教科等の内容を指導する中で実施する場合には、  教科等での学びをより確実なものとすることも目的となっています。
例:算数の中でプログラミングを取り入れるとしたら算数の学びをより確実なものとすることも狙いとなっています。

ただし、小学校においては、プログラミング言語の習得をねらいとはしていないのがポイントです。

小学校プログラミング教育で育む資質・能力

大きく分けて3つの資質・能力が挙げられています。

1)知識&技能

コンピュータが活用されていることや問題解決には必要な手順があることに気付くこと

2)学びに向かうチカラ、人間性

コンピュータの働きをよりよい人生や社会づくりに活かそうとする態度を滋養すること。粘り強くやり抜く態度。情報モラルの育成 などが挙げられています。

3)思考力、判断力、表現力

プログラミング言語を学ぶ、といったことではなく、プログラミング的思考を育成することがポイントです。自分が意図する一連の活動を実現するために、
どのような組み合わせを論理的に考える力を育むことが目的となっています。

まとめ

以上自分の頭を整理するためにも文科省指導要領の骨子を取り上げてみました。うーん、今一歩まだ自分のものになっていないという感じです。さらにプログラミング教育をきちんと行うために勉強を続けていきます。

小学校プログラミング教育必修化でのプログラミング授業の構築には民間との連携必要

2020年度からの小学校プログラミング教育必須化でどういう授業を行うかについて文科省の指導要領によってがんじがらめに決められているわけではなく、どのような授業を行うかは各学校、そして最終的には各クラスの担任の先生に委ねれるというのが実情です。

これでは現場も混乱するわけで、文科省の指定校においてはこの2年くらいプログラミング教育を先行して行っている小学校もあり、その発表会も行われている中で、そういう先行した学校での授業事例を参考にしたらよいのかもしれませんが、私のようにプログラミング自体に慣れていない教師にとっては、やはりプログラミング教育をどうやってやれば良いのか路頭に迷いますね。

(こういうブログは書けるし、一応パソコンでのタイプはまあまあ出来るのですが・・・それとプログラミングは別ですね・・・)

私のようにプログラミング教育をどうやって行っていけばよいか困っている小学校教諭は沢山いると思います。

民間でプログラミングを教えるスクールは沢山あります

一方、小学校とは別に、民間では沢山プログラミングを教えているプログラミングスクールがあります

このサイトを見つけました。

小学校プログミング必修化にあたってのプログラミングスクールの紹介

このサイトを見ると日本全国にプログラミングスクールを作っていることがわかりました。調べるとこのサイトだけでなく、プログラミングスクールを紹介しているサイトが結構あります。

さらに児童の習い事が増えそうです

今の私が受け持っているクラスの児童たち(4年生です)も、平日小学校が終わったら、プール、ピアノ、野球、サッカー、水泳、英会話など習い事をしている子供たちが大半です。

多分プログラミング教育必修化に伴い、プログラミングの勉強のために民間のプログラミングスクールに通う児童も多くなるかもしれません。

民間のプログラミングスクールは必要悪?

小学校教師としては、塾、民間スクールに通うよりも、小学校の中でプログラミングの基礎が教えられればと思うのですが、現状教科にもなっておらず、既存の教科の中でプログラミングを教えるというのがなんとも中途半端です。

その上、私のいる学校などはパソコンもタブレット端末も数えるほどしかありません。これでは、プログラミングでこういったIT機器を使ってプログラミングを教えること自体出来ないと思います。

そうなると、必要悪というと言い過ぎかもしれませんが、民間のプログラミングスクールとどう連携してプログラミングを教えていくのかを考えないとどうしようもないですね。

多分数年後に指導要領がさらに変更になり、小学校の教科としてプログラミングという教科が出来るというのが私の予測です。というのは2020年度から小学5年生以上で英語がついに教科になります。それと同じくプログラミングという教科が出来るのは必然だと思います。

その準備期間が2020年度からでしょうが、大混乱は間違いありませんので、だとしたら、小学校よりも、よっぽどしっかりした教材とカリキュラムを持っている民間のプログラミングスクールと連携せざるを得ないでしょう。

私自身も民間のプログラミングスクールの見学にこれから何度か行こうと考えています。

同僚が東京のあるプログラミング教育推進校の研究発表会に行ってきました。タブレット端末を使ってます・・・

ちょうど本日学校の同僚から話を聞きました。東京のあるプログラム教育推進校の研究発表会に行ってきたので、その資料と共に発表会の様子を聞かせてもらいました。ここではそのエッセンスを紹介したいと思います。学校名は伏せさせていただきます。

公開授業とシンポジウムが行われました。

この発表会は、教育委員会関係者、小中学校教員、保護者に加えて、地域の方や教育関係企業の方々、プログラミング教育に関心のある一般の方も参加が可能だったそうです。

発表会の表題は、”EdTechによる学習者主体の学び”という題名で、副題として 1人1台タブレット端末がもたらす新しいい学びのかたち という題がつけられていました。

ここでのEdTechとは、Education(教育)と、Technology(技術)を掛け合わせた造語であり、教育と技術を融合することによって新たな学びを生み出すことを目指しているとのことです。

ICTと地域や企業の人材、環境、資源を生かした教育活動を充実させせることで、授業の質の向上と校務支援の効率化を図り、学力向上と教員の働き方改革につなげる、という目標になっています。

1年生から6年生までプログラミング教育に関連する授業を行っていました。

この小学校の特長としては、あまりプログラミング、という言葉を表に出さずに、それよりも創造的な教育をすることに力点を置いてました。

以下それぞれの学年の授業のポイントを記します。

1年生:小学校1年間の生活を振り返り、楽しかったことや成長したことに気付き、保育園、幼稚園の子供たちに小学校生活の良さを伝える。

2年生:身近な自然を利用したり、身近にあるものを使ったりして、遊びや遊びに使うものを工夫して作り、その面白さや不思議さに気付いて、みんなで遊びを楽しむことができる。

3年生:身の回りにある事象について、目的に応じて観点を決め、資料を分類整理して、表や棒グラフを用いて分かりやすく表したり、読み取ったりすることが出来るようにする。

4年生:自分の住んでいる地域を点検して、”犯罪が起こりやすい場所”を作成する活動を通して、不審者の”人”ではなく、犯罪が起こりやすい”場所”に注目させる。そして自分の危険予知能力を高め、安全に行動できるようにするとともに、自分の住んでいる地域の安全安心なまちづくりに参画しようとする態度を育てる。

5年生:アニメーションづくりを通して、作り出す喜びを味わうとともに、形や色などに関わり、想像的につくったり表したりする力を培う。

6年生:ブロック型プログラミング言語でプログラミングできる。課題を細分化してとらえ、手段を検討し、判断できる。友達と協力し、よりよく課題を解決しようとする。

感想

確かにあまりプログラミング プログラミングと強調しなくても良いとは思うのですが、1年生から6年生の授業につながりがあるわけでなく、かつブロック型プログラミング言語でのプログラミングがやっと6年生で行われるというのに色々最近調べている他の事例と考えると、時期が遅いのではないか?もっと低学年からScratchのようなブロック型プログラミング言語を使っての授業があっても良いのではと感じました。

またそれにも関係するのですが、本当にタブレット端末が操作しやすいのか?疑問を感じます。タブレット端末は図面をみたり、ブラウザでネットの情報を読んだりするのには便利ですが、Scratchのようなプログラミングツールを操作する際はかならずしも使い勝手が良くないと思います。

かつScratchのようなブロック型、別名ビジュアルプログラミング言語をマスターした後は本格的なプログラミング言語を学びたい人も出てくると思います。その場合は、キーボードがあるパーソナルコンピュータのほうが使い勝手が良いと思うのは私だけでしょうか?

タブレット端末にこだわっているのに疑問を感じた次第です。

今度は私も別の学校の研究会に参加できればと思っています。

 

 

2020年度プログラミング教育必須化の指定校の一つ、九段小学校取り組み調べてみました

私は、実は東京多摩の小学校教諭をしているのですが、2020年度に小学校で始まるプログラミング教育においては、指導要領は決まっているのの、実際の指導の仕方については、各学校、各先生に委ねられている中で、東京都の小学校の中で、プログラミング教育推進校というのが東京23区及び東京都下で約70校くらい指定されており、実は現在今年度の研究報告会の真っ最中です。

そのなかでも良く私たち小学校教諭の中で話題になるのが、千代田区立九段小学校です。九段小学校は、ソニー・グローバルエデュケーションという会社も協力してプログラミング教育が行われています。2020年1月31日に研究発表会があり、私は行けなかったのですが、学校の同僚が行ってきたのでシェアしたいと思います。

九段小学校の研究主題とは?

教科学習とともにあるプログラミング的思考の育成

研究発表のポイントを記します。

・指導要領での指導時間:明確に決まっていません。
他の教科等との横断的な視点から教育課程の編成を図るものとする となっています。
はっきり決まっていないので、どの教科にどのようにプログラミング教育を入れるかが工夫ごとになりますね。
・指導要領で教えることは?: 典型的なが小学校5年において、正多角形の作図を行う学習にプログラミング教育が適用できる
といわれているのです、これが児童にとって興味深いもの、面白いものなのかという疑問が上がっています。
・九段小学校のこだわりは:教科の学習内容に加えられることを考える ことに重点を置いてきたとのことです。
ポイントは、学習指導要領のプログラミング的思考の図を元にして、
プログラミングでの記号を選択し

 その記号の組み合わせを考え

 意図する活動に近づけていく

という3ステップを大切に指導してきているそうです。

・九段小学校での研究の柱とは

3つあります。
1)授業をつなぐカリキュラム
2)充実した授業
3)教員の意識アップ
だそうです。

 1)教育をつなぐカリキュラムのポイント

例えば5年生の算数の正多角形作図でいきなりプログラミングだといっても児童は訳がわからないので、 パソコンの操作や、ビジュアルプログミング言語=ツールであるScratchなどを学習する時間を 算数の授業以外に設けるようにしたそうです。 特にScratchを中心にカリキュラムを組むことにしたそうです。

Scratchとはアメリカで有名な大学であるマサチューセッツ工科大学(MIT)で開発された ビジュアルプログラミング言語というもので、 いわゆる英語のような単語と数字、記号でかかれているプログラミング言語とは 異なり、タイルのようなアイコンを組み合わせることによってプログラミングをするというツールです。

それでもScratchに慣れるのにすこし時間がかかりますので、それぞれの教科に会ったブロックをあらかじめ作ることによって 児童が簡単に操作できるように工夫しています。

2)教員の意識アップ

小学校プログラミング教育においては、児童に分かりやすくプログラミングについて教えるためには、教員のスキルがなければ
いけません。私含めてですが、小学校教員自体が現状必ずしもプログラミングに詳しくないのが大問題なのです。
いきなりスキルアップもさることながら、まずは我々教員のモチベーションを上げる取り組みが必要ですね。

九段小学校においては、
・プログラミング研修会の実施
・SONY本社見学
等の取り組みで教員自身がプログラミングを楽しむことによってモチベーションを上げることに取り組んできたようです。

3)充実した授業

すでに書いたように九段小学校では、ビジュアルプログラミングツールScratchを中心として、ひな形のプレートを用意した上で
以下の6つを意識して授業づくりをしました。
・プログラミング体験
・教科の指導力
・日常生活とつなげる
・根拠をもつ
・ICT機器の活用意図
・学習環境を生かす

そして具体的には以下のような学年、教科でプログラミング教育を取り入れました。1年生から取り入れているのがすごいと
思います。
・1年生音楽     →リズムパターンの組み合わせ
・2年生体育     →マットにおける技の組み合わせを記号化
・3年生国語     →文章の順序にこだわる
・3年生 総合的な学習の時間→デジタルのインフォメーション
・4年生算数     →ドローンをプログラミング
・5年生算数     →(有名な)正多角形の作図
・6年生理科     →センサーで光るライトを作るプログラム

以上 九段小学校の研究発表会のエッセンスを紹介しました。

私が感じるのは、やはりプログラミング教育においては、児童にとって分かりやすいオリジナルの教材を作る必要があるなということです。現在私の学校では、全くそういう取り組みが出来ていないので、少し焦りを感じています。

この九段小学校の事例も参考にして、私の学校でもプログラミング教育の体系を早急に作ろうと考えています。

小学校5年の算数で正多角形の作図をScratchで作図するのがプログラミング教育の典型?

プログラミング教育 Scratch

私は現在、小学校4年の担任をしています。多分皆様もご存じかとは思いますが、来年度どのクラスを受け持つかは春休みにならないとわからないのです。ただし、私は今の学校に今年度移動してきたばかりということを考えると、たぶんいまのクラスそのままかなと思っています。

となると、来年度は小学校5年のクラスの担任になることがほぼ確実であり、そうなると、プログラミング教育の小学校5年生算数で、正多角形作図がプログラミング教育を行う例として一番取り上げられているのです。

実際、文科省の指導要領で正多角形作図でどのようにプログラミングを取り上げるかが示されていますので、ここで紹介してみたいと思います。

正多角形作図はどのような目的でプログラミングと結び付けられるのか?

文科省からは、”小学校プログラミング教育の手引き”という資料が公開されています。その第二版が2018年11月に発刊されています。その資料の中で、   小学校段階のプログラミングに関する学習活動の分類

というのが示されています。以下のような分類になっています。

A 学習指導要領に例示されている単元等で実施するもの

B 学習指導要領に例示されていないが、学習指導要領に示される各教科等の内容を指導する中で実施するもの

C 教育課程内で各教科等とは別に実施するもの

D クラブ活動など、特定の児童を対象として、教育課程内で実施するもの

E 学校を会場とするが、教育課程外のもの

F 学校外でのプログラミングの学習機会

この中で正多角形の作図の授業は、Aの一つとして上記手引きの中に示されています。以下引用します。

A-① プログラミングを通して、正多角形の意味を基に正多角形を各画面(算数 第5学年)

図形を構成する要素に着目し、プログラミングを通した正多角形のかき方を発展的に考察したり、図形の性質を見いだしたりして、その性質を筋道を立てて考え説明したりする力を確実に育みます。

正多角形はご存じのように全ての辺が同じ長さ、そして辺と辺を結ぶ角度も全て同じということで、プログラミングにおいてとても重要な要素である”繰り返し”を取り入れることによって、とても楽に正多角形が描けることを児童に実感してもらおうという内容のようです。

実際に、この手引きの中では、正多角形を書くプログラムをScratchというプログラミング言語で示されています。Scratchとは、アメリカにあるMITという有名な大学の中にあるMITメディアラボという研究機関で2006年に開発されたプログラミングツールだそうです。

プログラミング言語というと、沢山の英数字で作られていて、さすがにまだ英語もあまり学んでいない(とはいえ、プログラミング教育と同時に2020年度から小学校でも英語教育が強化されますが・・・)児童にとってはハードルが高いので、おもちゃのレゴのようなブロックを組み合わせてプログラミングの考え方を学ぼうというのがScratchです。

私もScratchの本を何冊か買って自分でも少しは勉強しています。確かにいわゆるプログラミング言語よりは児童にとって分かりやすいかもしれませんね。

でも私が感じるのは、正多角形の作図というのに児童が興味を持ってくれるのだろうか?ということです。それよりは、プログラミングをすることで、電車や車が動いたり、モーターが動いたり、ロボットが動いたり、アニメが出来たり、ゲームが出来たりのほうが面白いのでは?と思うのです。

そんなことを言うと、”自分で作ったら?”と言われそうですが、その通りで、出来たら自分で作ってみたいと思い始めています。そのためには私自身も児童と同様にScratchをもっと勉強しないといけないなと思っております。

そういう時間を小学校で持つわけではないので、現時点ではScratchの本とにらめっこで勉強している最中です。

さあ、正多角形の作成をするのにプログラミングを行うことが面白いの?と思いつつも多分来年度私が受け持つだろう小学校5年の算数授業では、これを行うことになりそうですね。まずは児童に分かりやすく教えられるように頑張りたいと思います。

 

 

2020年度の小学校プログラミング教育についてどうするか検討しています

プログラミング教育

私は、小学校の先生をしている男性です。もうすでに約30年の小学校教諭経験があります。

同世代の仲間ではすでに校長になったり教頭になったりしている人が8割方なのですが、私自身はあまり管理職に興味がなく、生涯先生で子供たちに触れあっていきたいと考えています。(この30年で子供も保護者も変わり大変ですが!)

さて2020年度から小学校で大きな変化があります。それは小学校でもプログラミング教育が必修になるということです。実は2018年度くらいから、2020年度からの小学校プログラミング教育に向けてのミニ研修などが始まっています。

実際、小学校プログラミング教育に関しては、文科省を中心として、以下のようなサイトも作られています。

小学校を中心としたプログラミング教育ポータル

このサイトを見ていただくとわかるのですが、プログラミング教育として実際どういう授業を行うかが明確に示されているわけではないので、現在とても悩んでいる状況です。

あまり年のことも言いたくないのですが、あまりパソコンとかプログラミングは得意でないので。。
(といいながら、このようなブログを書くのは好きなのですが・・・)

大体プログラミングという教科が新たに出来るわけではないので、一応の推奨教科として、算数、理科の中でプログラミング教育に触れるということになっていますが、さあどんな授業にするかが悩みです。

算数であれば正多角形を作るときにプログラミングの考え方を説明するとか、相手が小学生なので、いきなり英語とかが混じっているプログラミング言語を理解するのが大変なので、スクラッチ=Scratchというビジュアルプログラミングツールを使って、プログラムを教えるのが良いと言われています。

このScratchの研修も受けましたが、まさにブロックであるレゴのようなブロックでできたアイコンを組み合わせてプログラムを作ってゆくということで、実に簡単といえば簡単ですが、これを小学生に教えてプログラミングということが理解できるのかな?というのが、よくわかっていないことですね。
(小学校の先生がこんなことを言って良いのかなとも思いますが、実際のところ他の先生も困っていますよ・・・)

なんか半分愚痴のようなブログになってしまいましたが、このブログを通じて、私自身もプログラミング教育をどのように進めていくかを整理していきたいと思います。