小学校プログラミング教育必修化でのプログラミング授業の構築には民間との連携必要

2020年度からの小学校プログラミング教育必須化でどういう授業を行うかについて文科省の指導要領によってがんじがらめに決められているわけではなく、どのような授業を行うかは各学校、そして最終的には各クラスの担任の先生に委ねれるというのが実情です。

これでは現場も混乱するわけで、文科省の指定校においてはこの2年くらいプログラミング教育を先行して行っている小学校もあり、その発表会も行われている中で、そういう先行した学校での授業事例を参考にしたらよいのかもしれませんが、私のようにプログラミング自体に慣れていない教師にとっては、やはりプログラミング教育をどうやってやれば良いのか路頭に迷いますね。

(こういうブログは書けるし、一応パソコンでのタイプはまあまあ出来るのですが・・・それとプログラミングは別ですね・・・)

私のようにプログラミング教育をどうやって行っていけばよいか困っている小学校教諭は沢山いると思います。

民間でプログラミングを教えるスクールは沢山あります

一方、小学校とは別に、民間では沢山プログラミングを教えているプログラミングスクールがあります

このサイトを見つけました。

小学校プログミング必修化にあたってのプログラミングスクールの紹介

このサイトを見ると日本全国にプログラミングスクールを作っていることがわかりました。調べるとこのサイトだけでなく、プログラミングスクールを紹介しているサイトが結構あります。

さらに児童の習い事が増えそうです

今の私が受け持っているクラスの児童たち(4年生です)も、平日小学校が終わったら、プール、ピアノ、野球、サッカー、水泳、英会話など習い事をしている子供たちが大半です。

多分プログラミング教育必修化に伴い、プログラミングの勉強のために民間のプログラミングスクールに通う児童も多くなるかもしれません。

民間のプログラミングスクールは必要悪?

小学校教師としては、塾、民間スクールに通うよりも、小学校の中でプログラミングの基礎が教えられればと思うのですが、現状教科にもなっておらず、既存の教科の中でプログラミングを教えるというのがなんとも中途半端です。

その上、私のいる学校などはパソコンもタブレット端末も数えるほどしかありません。これでは、プログラミングでこういったIT機器を使ってプログラミングを教えること自体出来ないと思います。

そうなると、必要悪というと言い過ぎかもしれませんが、民間のプログラミングスクールとどう連携してプログラミングを教えていくのかを考えないとどうしようもないですね。

多分数年後に指導要領がさらに変更になり、小学校の教科としてプログラミングという教科が出来るというのが私の予測です。というのは2020年度から小学5年生以上で英語がついに教科になります。それと同じくプログラミングという教科が出来るのは必然だと思います。

その準備期間が2020年度からでしょうが、大混乱は間違いありませんので、だとしたら、小学校よりも、よっぽどしっかりした教材とカリキュラムを持っている民間のプログラミングスクールと連携せざるを得ないでしょう。

私自身も民間のプログラミングスクールの見学にこれから何度か行こうと考えています。