プログラミング教育もモバイルWi-Fiルータを使い、リモート授業を検討中です

久しぶりの投稿です。

ご存じのようにコロナ問題で、4月からの授業はずっと休講、やっと6月の中旬から学校の授業を再開する方向になりました。

(4月~5月も2週に1回くらい登校日はありましたが。。)

所謂夏休みも逆に授業になる方向で、暑い夏の中、児童たちも、私たち教員も今度はコロナではなくて熱中症対策もしなければいけないと思っています。

こういう状況になってしまいましたので、普通の教科の授業もままならかなったので、今年度からのプログラミング教育はさらに優先順位が下がってしまっている感じです。

世の中一般の会社でテレワークをしているところが増えてきていますね。小学校においては、テレワークならぬ、リモート授業というのも、このプログラミング教育含めて検討している最中です。

やっと児童一人ひとりにパソコン(タブレット端末)も配られることになりましたし、これからは私、私の学校でもリモート授業の検討をし始めています。あまり考えたくはありませんが、コロナの第二波が今年の秋冬に来た時に、リモート授業を行う準備もしていきたいと思います。

ところで、最近保護者から受ける相談が、”パソコン、タブレット端末があっても インターネット回線を引いていないけどどうしたら良い?”という内容です。

そうしたとき、最近私も使い始めたのですが、有線のブロードバンド回線をお家に引く代わりに、モバイルWi-Fiルータというのの契約をしたらどうかということです。そうすれば家でも使えるし、学校でも 学校のインターネット設備が十分でないときに、自分のモバイルルータでインターネット接続できますからね。。

今後のリモート授業、一般会社のテレワークなどでモバイルWi-Fiルータが使われる場合が多くなってきそうですね。

以下は私が参考にしたサイトです。

https://www.5gwifiiot.net/

多分小学校の授業の中でも、このプログラミング教育に関する授業が一番パソコンを使ったリモート授業に合っていると思います。そのためにもインターネット接続をするための モバイルWi-Fiルータは 保護者の皆様にもおススメしていきたいと思っています。

まさにプログラミング教育において、Scratchとかを勉強するだけでなく、パソコンの使い方や、インターネット接続の仕方なども一緒に学んでもらおうと思いますので、モバイルWi-Fiルータのパソコンへの接続の仕方も教えていこうと思います。