小学校プログラミング教育の概要について

2020年度から小学校でプログラミング教育必修化ということで、小学校プログラミング教育がなんのために行う必要があるのか、何を目標に行うかなどは文科省が発信している新学習指導要領に記させています。

以下、指導要領からポイントとなるようなことを抜粋したいと思います。

小学校プログラミング教育の概要

学習指導要領改定の背景は、社会的変化によるとされています。具体的には、情報技術の革新、AIによって社会生活が大きく変わることが大きく影響しています。こういった予測できない変化を前向きに受け止めて、小学校のときからプログラミング教育を行っていく方針が出されたわけです。

なぜ小学校プログラミング教育を導入するのか?

大きく3つの理由があります。

1)コンピュータの仕組みを知る

現在様々な物にコンピュータが使われているが良く中身がわからない
魔法の箱に思っている人もいます。=ブラックボックスであることが実情です。
コンピュータはプログラミングで動いている、コンピュータの仕組みを知ることを子供たちに理解してもらうのが目的です。

2)プログラミング教育は子供たちの可能性を広げることも繋がる。

起業する若者、特許を取得する子供も出てくるでしょう。

3)コンピュータを代表とするICT機器の活用

コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に着けることは、あらゆる活動においてコンピュータ等を活用することが求められます。これからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業につくとしても極めて重要でしょう。

以上3つが小学校プログラミ教育の導入の背景です。

プログラミング教育と情報活用能力の育成について

新学習指導要領では、情報活用能力は、言語能力と同様に学習の基盤となると明記されています。情報活用能力自体、とても重要な能力になります。
3つの観点
A 情報活用の実践力→ICT機器の基本的な操作
B 情報の科学的な理解→プログラミング
C 情報社会に参画する態度→情報モラル

ということで、プログラミング教育は、単なるプログラミングを学ぶという狭い話ではなくて、プログラミング教育を通じて情報活用能力を育むことがもくひょうになっています。

具体的な小学校プログラミング教育のねらい

以下の3つがねらいとされています。

1.プログラミング的思考を育む
2.プログラムの働きやよさ、情報社会がコンピュータをはじめとする
情報技術によって支えられていることなどに気付く
身近な問題の解決に主体的に取り組む態度や、コンピュータ等を上手に活用してよりよい社会を築いていこうといする態度などを育みます。
3.各教科等の内容を指導する中で実施する場合には、  教科等での学びをより確実なものとすることも目的となっています。
例:算数の中でプログラミングを取り入れるとしたら算数の学びをより確実なものとすることも狙いとなっています。

ただし、小学校においては、プログラミング言語の習得をねらいとはしていないのがポイントです。

小学校プログラミング教育で育む資質・能力

大きく分けて3つの資質・能力が挙げられています。

1)知識&技能

コンピュータが活用されていることや問題解決には必要な手順があることに気付くこと

2)学びに向かうチカラ、人間性

コンピュータの働きをよりよい人生や社会づくりに活かそうとする態度を滋養すること。粘り強くやり抜く態度。情報モラルの育成 などが挙げられています。

3)思考力、判断力、表現力

プログラミング言語を学ぶ、といったことではなく、プログラミング的思考を育成することがポイントです。自分が意図する一連の活動を実現するために、
どのような組み合わせを論理的に考える力を育むことが目的となっています。

まとめ

以上自分の頭を整理するためにも文科省指導要領の骨子を取り上げてみました。うーん、今一歩まだ自分のものになっていないという感じです。さらにプログラミング教育をきちんと行うために勉強を続けていきます。